https://berkeley.hatenadiary.jp https://berkeley.hatenadiary.jp/

みどりむしin Berkeley

大学研究者妻としてカルフォルニア州バークレーに渡航することになりました。7か月間、現地での生活を書き綴っていこうと思います。

ソノマ郡の大規模な山火事にニュースに釘付けの週末

現在、カリフォルニア州ソノマ郡で大規模な山火事が発生しております。

 

こちらは発生して5日目でしょうか、昨日の深夜から今日にかけて猛烈な暴風が吹いていることもあり、面積がどんどん拡大し、現在は18万人が避難する事態となっております。

 

ソノマ郡は私たちの住むバークレーからは100キロ以上離れており、また間に水域を挟むためさすがにこちらまで及ぶことはないのでしょうが、今朝起きたらバークレーから北に20キロの地点が新しく燃え始めておりました。

それも陸続きの場所。

 

暴風は南に吹いており、このニュースにはさすがに恐怖を覚えました。被害が南に拡大していけば、バークレーも避難区域に含まれるのでは!と朝からそわそわ。

 

幸いこちらはソノマ郡程ひどくはなく、鎮火にむかっているようです。

 

また、北からの風は非常に乾燥しており、火災の危険性が高いため、電力会社であるPG&E社は北カリフォルニアの広範囲に計画停電を実施しました。

バークレーも山沿いでは停電中で、大学も週末から月曜の午前中にかけて閉鎖されております。

うちは停電地域に入らなかったのですが、外は台風並みの風。そして火事による大気汚染で一日外出できずでした。

 

そのため、本日は家にこもりひたすらニュースを見続けておりました。

 

朝の新たな火事発生に続き、みていた限りでも今日だけで新たに3か所で山火事が発生しました。

ですが、やはり一番深刻なのは先週発生したソノマ郡の火災。

発生後5日目現在、3000エーカーが燃えており、鎮火率は5%?とニュースで流れてお

ります。

 

明日午前中で風はいったん止みますが、また火曜から強風の予報がでています。

 

ここ5か月くらい雨がほぼ降っていないため、いつどこで火災が発生するか分からず、山沿いの人にとっては11月半ば、雨が降り始めるまで不安な日々が続くこととなるのかと思います。

 

日本では水害、カリフォルニアでは乾燥による山火事、自然災害なのか、はたまたこれは人災なのか。

いずれにしてもこれ以上被害が拡大しないことを祈るばかりです。

 

ラスベガスでなぜかミモザおかわりし放題

またまた両親が来た際のお話なのですが、ラスベガスに1泊することになりました。

今回は両親のリクエストで土定番ですが、カジノを経験すること、そしてシルクドソレイユを観ることとなりました。

 

泊まったのはベラッジオ、ラスベガスでは有名なホテルです。

とてもゴージャスなホテルですが、ラスベガスのホテルは他の地域と違って5つ星ホテルでも比較的安価に泊まることができます。

お部屋の内装はとても素敵ですが、備品、アメニティは最低限のものしかありません。

(スリッパ、歯ブラシなどもついていないので行かれる方はお気をつけください)

 

f:id:BERKELEY:20191024112652j:plain

f:id:BERKELEY:20191024112648j:plain

 

ラスベガスのホテルが安価、そしてお部屋がシンプルな理由。

それはずばり、カジノでお金を使わせるため、またカジノでお金を使ってくれるため、です。

部屋が快適だと室内にこもってまったりしてしまいますから。

なんとか外に出てカジノにお金を落としてほしいわけです。

 

また、ラスベガスのホテルで有名なのが、「バフェ」。ビュッフェのことです。

ベラッジオに宿泊した私たちはホテル内のビュッフェで夕食をとったのですが、その日アルコールを頼んだのは私だけでした。

20数ドルで飲み放題なのですが、沢山飲めないため、一杯のみミモザを注文しました。

ミモザ一杯で10ドル。

 

前回の記事で記載したとおり、私はアルコールに弱く、飲みたいけれど沢山飲めない体質です。ミモザ一杯で、十分酔っぱらうことができます。

 

ところが、持ってきてくれたウェイターさん、なんとミモザが半分グラスからなくなると、即座にシャンパンとオレンジジュースを補充してくれるのでした。

半分くらい飲んでは補充・・・。

 

これはまさかのわんこそばならぬわんこミモザ状態では!!

 

単品で頼む人があまりいないからなのか、サービスが良いのか、これが当たり前なのかわかりませんが、ミモザ無限ループに入りました。

 

そして食事も終盤かというところで、なんと、テイクアウト用のプラスチックカップにたっぷりオレンジ色の液体が注がれて「For you」とプレゼントされました。

 

これはまさか・・・。

はい、ミモザでした(笑)

 

人生で初めてアルコールを頼んでお持ち帰り用アルコールがついてきました。

 

お酒の弱い私はミモザを結構な量(自分にとっては)飲んだ状態で食後のシルクドソレイユを観ることになるのでした・・・。

その時点ですでに頭痛がしており、酩酊状態。

気持ち悪くならなかったので、シルクドソレイユは問題なく鑑賞できたのですが、今回の楽しみの1つでもあるカジノも酔っ払い状態。

 

ちなみにカジノエリア内ではアルコールはフリーです。(チップは払います)

判断力を失わせお金をカジノで使わせるラスベガスならではのサービスです。

 

飲み放題ではないアルコールを何杯も下さった親切なウェイターさんですが、酩酊状態でカジノエリアにいると、これもホテルの戦略の一環なのか、と穿った見方をしたくなるのでした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

お酒の弱い人でもナパバレーワインテイスティングを楽しめるか?

先週より1週間両親が遊びに来ていたため、両親のリクエストでナパバレーにドライブに行くことになりました。

 

ナパバレーはご存じの通り有名なカリフォルニアのワインの産地です。

バークレーからは車で1時間程度の所にあり、沢山のワイナリーのあるワイン好きにはたまらないであろう場所です。

 

私はお酒が強くなく、自分から飲むものといったら梅酒のみ。

ワインもフレンチなどに行けば飲みますが、1杯飲めば結構なほろ酔い加減、おそらく3杯~4杯のんだらグロッキーになるのではないかというレベルで、ワインに関しても当然無知です。

 

そんなわけで特別ナパバレーに興味があるわけではなかったのですが、世界的に有名なワイン産地で、しかも景色もきれい、ワインテイスティングが気軽に楽しめ、ドライブに最適ときたら、一度は行ってみたいと思っていた場所ではありました。

 

今回私たちが訪れたワイナリーはこちらです。

 

1.V.Sattui

V. Sattui Winery: Great wine from Napa Valley

こちらのワイナリーを選んだ理由は単純にピクニックができるから。

こちらでつくられるワインは一般小売店に卸しておらず、ワイナリーで購入するかメールオーダーで買うかという入手しにくいもののようです。

ですが、そこらへんはワインに疎い私にはどうでもよく(笑)、サンドイッチやコロッケなどお惣菜や、ぶどうジュースも売っており、奇麗なお庭でピクニックができるとネットで見ており、昼食をとるのにちょうどよい場所だと思い選びました。

 

時期的にはハロウィン前ということで、装飾もかわいらしく、とてもきれいなワイナリーでした。

f:id:BERKELEY:20191019142209j:plain

f:id:BERKELEY:20191019142207j:plain

f:id:BERKELEY:20191019142212j:plain

皆さん、ぶどう畑をみながらのピクニックを楽しんでいます。

 

お土産コーナーも充実しております。

こちらではテイスティングはせず、お酒好きの主人の父にワインを、料理好きの義妹にチーズカットボードを購入して終了。

 

2. Sterling Vineyards

Home - Sterling Vineyards

こちらはアダルトスクールのクラスメイトにお勧めされ訪れました。

こちらのワイナリーはゴンドラにのってテイスティングの建物に向かいます。

景色もとても素敵で、奇麗に手入れされています。

f:id:BERKELEY:20191019143853j:plain

f:id:BERKELEY:20191019143850j:plain

ここにきて初めてワインのテイスティングを致しました。

料金はワインのテイスティングとゴンドラ料こみで、一人35ドル。

 

最初にワイングラスを渡され、ワイナリー内を見学しながら、各所でワインのテイスティングを行う形になっており、工場見学のような楽しみ方ができます。

f:id:BERKELEY:20191019143847j:plain

f:id:BERKELEY:20191019143843j:plain

テイスティングは4種類、一度のテイスティング量が3~4口程度なので、全部トータルで、ワイン1杯分くらいでしょうか。

ワインの弱い私でも酔うことなくテイスティングとワイナリーの雰囲気を楽しめました。

ちなみに渡されたワイングラスはお土産としてお持ち帰りできます。

 

屋上では別料金(上位のテイスティングコース?)でフードやワインを楽しめるようです。

お勧め頂いた通り、素敵なワイナリーでした。

 

ということで、今回は2か所のワイナリーを訪れました。

お酒に弱く、ワインの知識のない私でも、少しずつ色々なワインを味わい、違いを楽しむことができました。

 

ナパバレーはドライブ中の景色も非常にきれいな場所で、街並みも美しく、ワインを飲まない方でも十分楽しめる場所ではないかと思います。

サンフランシスコに旅行にいらっしゃる方は近いので、是非ドライブをお勧めします。

今回は主人がドライバーをしてくれましたが、日帰りで全員が飲みたいという場合は、ウーバーを利用して行かれるというのも良いのではないでしょうか。

 

アメリカ西海岸の山火事:大規模計画停電になりました

日本では台風の被害で多くの方が被災されたということ、出身の宮城県も大きな被害をうけました。東北地方ではめったに台風の被害を受けることがないため、衝撃のニュースでした。

 

現在バークレーで入手できる日本の情報は唯一ある1チャンネル、テレビジャパンとネットニュースです。

ケーブルテレビの接続状況が悪いとテレビが映らないこともあり、日本でなにが起きているのか疎くなってしまうこの頃です。

 

世界各地どこにいても災害はありますが、近年の日本はあまりに水害が多すぎる印象があります。やはり温暖化の影響なのでしょうか。

 

アメリカ西海岸であるバークレーは温暖な雨の少ない気候で、ハリケーンや竜巻の被害を受けることがない場所にあります。

活断層があるため地震は日本と同様危険性のある場所です。

ですが、それ以上にこちらで注意が必要な災害があります。

 

それは山火事。

アメリカ西海岸は夏季の間雨が非常に少なく、ここバークレーではなんと6月以降9月半ばまで一度も雨が降りませんでした。これが例年の夏の気候です。

朝にはサンフランシスコから霧が入ってくるため湿気があるのですが、基本的に湿度が低く、9月、10月は山火事の危険性が非常に高い時期になります。

 

(こんなに雨が降らないのにバークレー市内が緑豊かなのが不思議でなりません・・・)

 

そして先週、強風の予報がでており、山火事の危険性があるということでなんと、ノースカリフォルニアでかなり大規模な計画停電がありました。

アダルトスクールのクラスメイトから翌日より停電する可能性があるとの情報を聞き急ぎ情報収集したのですが、いかんせん当然のことながらニュースもすべて英語で、しかも詳細な情報がなかなか発表されないため、大混乱状態でした。

 

急ぎ懐中電灯を買い、非常食となるパンや果物を入手しました。こちらはレトルト食品というものがあまりないので日本より備蓄できる食料品の種類が少ないように感じます。領事館からの滞在者向けメールでは1週間分の食料、水を備蓄するようにとの注意情報が入っていたのですが・・・。

 

またよりによって翌日から日本の両親が遊びにくる週でもありました。予約したレストランは開店するのか?予定していたナパバレー(山火事の危険が高い地域)には行けるのか?

せっかくの日本からの滞在の中で予定していたプランが果たしてどうなるのかひやひやの1週間でした。

 

もちろん火災になってしまえば私たちの観光どころの話ではなく、大災害となってしまうので、未然に防ぐ対策をとるということはやむをえないのですが・・・。

 

結果、バークレー市内は山沿いの火災の危険性の高い場所は停電となってしまいました。UCバークレーも停電のため3日間休講となったようでした。

 

私たちの住むエリアは幸い停電をまぬがれ、両親との旅行も問題なく、計画通り楽しむことができました。

 

ですが、バークレーの近郊やロサンゼルスなど数か所でやはり火災が発生し、同時期にLA旅行をしていた友人はハイウェイ閉鎖のため迂回を余儀なくされたとのこと。

 

その後も雨は降っておらず、まだ山火事の危険のある時期は続くのかと思います。

山火事災害の被害がこれ以上起きないことを祈ります。

 

そして故郷の宮城県ならびに被災各県の皆さんが一日も早く日常を取り戻せることを祈ります。

 

 

 

アダルトスクールと有料語学学校について

アダルトスクールに通い始めて1か月が経ちました。

 

これまでアダルトスクールについて更新していなかったのには理由がありました。

通い始めた直後、アダルトスクールをまったく楽しめなかったというのが原因なのですが・・・。

 

最初のクラス分けでIntermediate Lowに振り分けられたのですが、通学して一日目は正直途中で帰りたいと思う程退屈な一日でした。

 

授業があまりにスローペースだったのが原因の1つなのですが、頑張ってついていくことに必死だったLSIとのギャップが大きく、無料で英語の授業が受けられるということはありがたいことですが、このまま通うことは苦痛になると思い、次の日担任の先生に相談したところ、あっさりHighクラスに移動させてもらうことができました。

 

移動後、しばらく授業をうけてみましたが、英語の文法の勉強の場としてのLSI(有料の語学学校)に対して、英語での会話の場をもらえるアダルトスクール、という印象です。

先生によって授業内容は全く異なるようで、文法をメインとした授業方式をとる先生もいらっしゃるようですが、私の受けているIntermediate Hiのクラスではプリントを配られ問題を解き、または文章を読み、生徒同士で答え合わせ、またディスカッションをするという形式が多いです。

 

問題を解いたり、先生の授業を受けている時間より雑談している時間が長いのではと思う程のんびりしたクラス。

こちらには、正直はじめ違和感を覚えました。

 

最初の2週間くらいはLSIに戻ろうかどうかかなり悩みました。

 

悩んだ末、現在もアダルトスクールに通い続けています。

その理由の一つとしては語学学校と比較して自身と同年代の人、同じ境遇にいる人が多いこと。

 

LSI(語学学校)では10代、20代前半の生徒が多く、高校または大学在学中に英語を学びに来ている人が大多数を占めます。

先生の授業の質は高く、文法の勉強には非常に良いのですが、生徒は皆年下の学生さん。

 

一方、アダルトスクールは10代から70代くらいの年配の方まで幅広く在籍しており、UCBに留学中の留学生、またその配偶者、もしくはアメリカで働く他国からの移民の配偶者の割合が多いです。

同じIntermediate Hiと言っても日常会話には困らずすらすらと英語が出てくる人から私のような片言まで幅広くいます。

 

年齢や境遇が近いため話が合ったり、なにか知らないことがあったとき相談できる人がいたり、そういった意味ではアダルトスクールが良いと思いました。

 

先生は明るくて他の文化、個々の違いを大事にするバークレーらしい人柄の女性です。

今日の授業ではバークレーマリファナ事情について盛り上がりました(笑)

カリフォルニア州ではマリファナは合法です)

先生のしめは、「吸うのも吸わないのも個人の自由、あなたの選択よ。ここはアメリカ!」

 

滞在時間もあとわずかとなってきており、今後帰国までアダルトスクールに通うかまだ決めてはいませんが、アダルトスクールで学ぶことも多いのではないかと思い、今はアダルトスクール通学を楽しみたいと思っています。

 

それにしても、英語は全然伸びません・・・。でも他の人の話していることはわかるので、アメリカはじめ他国の文化、考え方を学んでいるのでそれでよいのかな~と最近はっています。

 

 

berkeley.hatenadiary.jp

 

berkeley.hatenadiary.jp

 

 

アメリカでのカラーリング:モロッカンオイルカラー剤をためしてみたら・・・!!!

アメリカに来て、4か月が経ちました。

今週2回も朝方に雨が降りました。

バークレーの夏には雨が一切といってよいほど降りません。

3か月振りの雨。

 

もう秋になろうとしています。

 

さて、暮らしていく上で当然必要になることが髪のカットなのですが、7か月の滞在で女性であれば、自身でのメンテナンスで済むという人も多いのではないでしょうか。

私も一度日本人の美容師の方のいるヘアサロンでカットをしたのですが、それ以外前髪のカットは自身で行っております。

 

ちなみに、アメリカの美容室事情には詳しくないので、詳細の記載は避けますが、日本とは違うということは確かです。というのは、日本人の髪質と、こちらの人の髪質が根本的に違うから、カットの手法もカラーリング剤も違うということのようです。

日本人の髪質を理解しているアジア系の美容師さんに切って頂くのがベストのようです。

 

さて、私にとってどうしても必要となるのがカットよりカラーリング・・・。

同年代の人よりグレイヘアの割合が多く、どうしても定期的なカラーリングが必要です。

 

日本で購入してきたカラーリング剤で定期的にリタッチをしていたのですが、どうしても全体染めが必要になり、一度美容室へ。

そしてそれからまた自身でリタッチ・・・。

 

こちらにきて、髪は確実に痛みました。というのは水の違いもあるかもしれませんが、日本に比べて日差しが強烈だということが大きな原因のように感じます。

元が黒髪の人でも毎日長い時間外に出ていると、茶髪になるくらいです。

 

こちらで歩く機会が増えた分、紫外線を浴びる機会も増えました。

 

そんな時、化粧品ショップセフォラで買い物していて偶然見つけたのがこちら!

かの有名な?モロッカンオイルのカラー剤です。

f:id:BERKELEY:20190921111334j:plain

どんなものかいまいちよく分からなかったので店員さんにこれで白髪は染まると思うか聞いてみたところ、染まる、とのこと。

早速購入してみました。

 

シャンパーニュ」ということで、暗い髪色には変化がなく、明るいブロンドをシャンパン色にするような感じのようです。

グレイヘアも明るいブロンドと同じじゃない?シャンパン色に染まってくれ、ということで早速その晩試しました。

 

こちらの使い方はタオルドライした髪に塗り、5~7分で洗い流すというもの。一般のカラー剤よりかなり短時間なのですが、大丈夫かしら・・・。

 

長めにおいて待つこと10分・・・。

 

洗い流し・・・。

 

鏡でチェックしたところ・・・。

 

全然、染まっていない!!!

全く、まったく変化なし。

 

というある意味、驚愕の結果でした(笑)

プラチナブロンドとグレイヘア、違うのかな~。

店員さん染まると言っていたけれど(汗)

 

とてもがっかりな結果でした。

ということで、即刻美容室の予約を入れた晩となりました。

 

まったく話はかわりますが翌日、アダルトスクールのクラスメイトがなんと趣味でやっているというジェルネイルを私にしてくれました~!!

本当に自身できれいにネイルされていたので、きれいだねと何度も言っていたらキット一式もってきてくれ、クラス後の学校のベンチで即席のネイルサロン!

通る人、通る人に突っ込まれながら、丁寧に素敵なネイルにしてくれました。

f:id:BERKELEY:20190921111332j:plain

 

ロサンゼルスへの旅最終日:Umami Burger&ゲッティセンター

ロサンゼルスへの旅、2泊3日の最終日。

フライト時間が5時半だったため、それなりに時間のある一日を過ごせるはず・・・でした。

が、なぜかほとんどの時間を空港で過ごすことになってしまった一日でした。

 

前日のユニバーサルスタジオハリウッドで体力を消耗したため、朝はゆっくりし、早めの昼食からのゲッティ―センターを予定しておりました。

 

この日の昼食はLA発ウマミバーガー!!

日本にも出店しており、名前だけですが聞いていたため、一度は行ってみたいと思っていたお店でした。

また、日本から遊びにきてくれた家族にもハンバーガーを食べてもらいたくて行きました。

私たちが来店したのはウマミバーガーThe Grove店

Restaurant at The Grove - Gourmet Burgers in LA - Umami Burger The Grove

 

こちらのウマミバーガー、美味しかったです。

パティはジューシーでサイズも程よく、日本人にも受ける上品な味。

f:id:BERKELEY:20190920112357j:plain
お義母さんと甥っ子に食べさせたかった『ザ・アメリカンなハンバーガー』、とはちょっと違ったのでしたが、美味しいランチに満足。

 

次に向かったのはゲッティセンターです。

こちらのゲッティセンター、石油王のJ・ポールゲッティが1954年に最初のギャラリーを建てたことをはじめとし、ゲッティ財団により現在運営されている無料の美術館になります。

このすべてが高いアメリカにあって、無料!!!

しかも所蔵されている作品もゴッホの『アイリス』をはじめ、セザンヌレンブラントルノアールなど、非常に豪華!

 

このゲッティセンター、個人的には特に庭園と建物の美しさに感動しました。

LAの真っ青な空に白亜の宮殿のような建築物、そして行き届いた庭園。

これだけでも一見の価値がありました。

f:id:BERKELEY:20190920112405j:plain

f:id:BERKELEY:20190920112402j:plain

f:id:BERKELEY:20190920112359j:plain

 

時間があればゆっくり観てまわることをお勧めします。

今回は、飛行機の時間の都合で滞在時間は1時間・・・。

印象派の絵画の展示されている西館と、庭園のみ観て早々に退却しなければならないのでした。

 

 

スーツケースを入口で預けたり、美術館に行くのに入場口からトラムに乗らなければならないため、なんとも慌ただしい美術鑑賞となってしまいました。

 

そしてUberに乗り、空港に行く道中、メールを見ると

「Your flight to Sanfrancisco-Delayed」のタイトルのメール。

 

5時半のフライト予定が、結局飛んだのは8時半。

その日のほとんどを空港で過ごすことになってしまったのでした。

 

ゲッティ・センターをゆっくり観て回る時間が十分にあったのに・・・。

空港に移動する前にメールチェックをしようと反省した一日となりました。

 

この空港でも手荷物にミネラルウォーターを入れっぱなしにしてセキュリティチェックを通ったため引っかかり30分以上足止めされたり、クレジットカードのラウンジがあると思い探し歩いたのに結局使えなかったり・・・。

 

初日のコスプレにチップを盛大にふるまうことになった一件から色々とハプニングの絶えない3日間でしたが、旅にトラブルはつきもの。

それらも含めて、思い返して笑える思い出になれば良いなと思った3日間でした。

 

ロサンゼルスへの旅過去の記事はこちら→

 

berkeley.hatenadiary.jp

berkeley.hatenadiary.jp